> カテゴリ
全体
未分類
> お気に入りブログ
おしさしぶり
過去のフイリピン妻との物語を書いていました。

月日は流れて  今、妻は、ロシア人なのです。

人生いろいろですね


フイリピンパブなど時々行きます。


明るい女性たちの笑顔は又いいです。



デモね   生活のため明るく振舞っているんです。  ある意味 そうすることが必要なんですよ。

まだまだ フイリピンは大変のようです。


しかし 興業ビザが出なくなって  フイリピンパブも減ってきました。


まったく  楽しみの場を奪って  彼女たちの仕事も奪って  正義ぶっているのが日本政府なのかもしれません


ふざけるな    

そういいたい  

少子高齢化   フィリピン人を奥さんに持つ人もまだまだ増えていくとおもいます。
[PR]
# by samimai | 2008-03-25 20:31
2008年1月

新しい年が始まりました

ヨロシクお願いいたします。
[PR]
# by samimai | 2008-01-08 05:31
あけましておめでとうございます。
フィリピン人を妻にした男の物語 多忙のためなかなか更新できませんが少しずつ 新しい情報などを発信していくつもりですのでよろしくお願いいたします。
[PR]
# by samimai | 2007-01-06 11:53
フィリピン人を妻にした男の物語 その27
フィリピン女性の性格は明るいと言われるが一面は当たっているしにぎやかをとおりこし
てうるさいと言う感じもする。
常夏の太陽のように感情を表に出す。だから怒りなんかも又激しい
このへんのところは日本女性と際立って違うところである。 フィリピンはかかあ天下の
国柄女性が威張っていてとうちやんのほうが頭が上がらないといった感じだ。
国内にいい仕事がないので海外に出稼ぎに出かけるといった出稼ぎ国家でもある。
妻の父はサウジアラビアへ出稼ぎにいっていた。
親戚の女性はオーマンへ出稼ぎに行っているといったかんじなのだ。若くてきれいな女
性は日本へのパブへ出稼ぎにきている。 そこで日本人男性と知り合って結婚する女性
もいる。
フィリピンの女性が夢をかなえられるのは、先進国の人と結婚する事もその一つの方法で
私が結婚した時もマニラにある日本大使館は、結婚の書類のため並んでいる日本人男性の
姿を多くみかけられた。

今でも年間5000組ぐらいのカップルが成立している。中国なども大体同じぐらいのカップ
ルが成立しているようだ。
中国人は、フィリピン人よりも見た感じが日本人に近いので一緒に歩いていても人の目が
気にならないと言う事もあるかもしれない。
最近では国際結婚も10組に1組位になっていると言うから 結婚の国際化と言う現象は
定着したようだ。

出会い恋愛占い隊
[PR]
# by samimai | 2006-10-19 11:53
フィリピン人を妻にした男の物語 その26
そういえば思い出した事がある。

夜中に妻の家族と友人たちとプールに出かけのだ
そのプールと言うのは、24時間やっているものだった。場所がどこだったか思い出せない
が マニラから車で1時間ぐらいのところだったような気がする。
50メートルのプール プールサイドには 色々な食べ物や浮き輪などが売られていた。
特別の部屋を妻の友人が取っていてくれて その部屋にも小さなプールがペットも大きく
なんだかど派手の個室で どこかの国の王様になってしまったと錯覚させられてしまいそうなほど金色
を基調とした部屋だったのだ。

多分一泊 数万円はしたかもしれない。  そんな贅沢な楽しい時間も後になって思い出すとなんとなくつらくもある。
[PR]
# by samimai | 2006-10-16 11:43
フィリピン人を妻にした男の物語 その25
ご無沙汰です。

色々と多忙に付き日記の更新ができないことお詫びいたします。

彼女との関係は、距離間を持ったままだった。

その年の8月ごろだったと思うが、フイリピンへ行ったのでした。
線路沿いの彼女の家に泊まる決意をしていた。  

多分そこに行けば日本の戦後直後に近い風景がそこにあった。けしていやな風景ではなく私自身の幼い頃に記憶していた風景と微妙に重なった。

都会の忙しすぎる風景とは違った風景がわたしをいやしてくれるように思えた。
もしかして二人は、やり直すことができるかもしれないとそのときは思ったのだった。

彼女のおじいさんの顔もあった。  お父さんの顔も弟の顔もあった。 もちろんお母さんの顔もあった。ビールを飲みながら
夜遅くまでの魔法のような時間があった。

よく言えばプレハブの壊れかけた家のベットで眠りに落ちたのだった。



悩み問題解決応援隊
[PR]
# by samimai | 2006-01-13 21:12
フィリピン人を妻にした男の物語 その24
フィリピン人を妻にした男の物語 その24

一度できた溝は、 徐々に深まっていく。 やはりお互いに合わないのか
そんな気持ちは、頭をもたげてきていた。

空回りするように何かが崩れていく

踏ん張ろうとするほど・・・・

あのフイリピンでの教会の結婚式は何だったのだろうか

二人の思惑はずれていく  あんなに見栄を張るんじゃなかった。
日本人はお金持ち そんな変なプライドが彼女に想像以上の夢を抱かせてしまったのかもしれなかった。

二人の仲を修復すべくデズニーランドへ行ったりしてみたがどこかしっくりと来ない。

そのうちまた些細な事で喧嘩が始まった。 

彼女もストレスがたまっていた。 一度フィリピンに二人して行こうそう思い始めていた。

★あなたの街の法律家
司法書士sami
[PR]
# by samimai | 2005-10-04 12:09
フィリピン人を妻にした男の物語 その23


やはり3日間電話にでなかったというのは、まずかった。 そのことに気がついたのはそれから6ヶ月もあとのこと。 いくらなんでも、もっと配慮すべきだった。

外国から来て心細いそんな女性の気持ちを理解できなかったことは最大の失敗であった。

結婚とは相手の目線に立てる柔軟なんな思考が必要なんだと気づいたときは、もう後の祭り 溝は深まってしまった。

しかしそのことにもっと早く気づかなければ・・・・・・
それは今にして思うこと

もしあの時ああしていればと思ってもそうできなかった自分に腹が立ち・・・・
しかしそれもまた運命なのだろうか・・・

面白ブログ発見

司法書士 sami
[PR]
# by samimai | 2005-08-25 21:22
フィリピン人を妻にした男の物語 その22
クリスマスも迫っていた。 妻は、プレゼントがほしかった。 というか愛されているという証がほしかったのだろう。

私は、あまりにも鈍感だった。 クリスマスなんて、どこの国の行事なんだ
大体日本は、仏教じゃないか  キリストなんか関係ないね とおもっていた

しかしーーしかしであるフィリピンは、アメリカの文化の影響を色濃く受けている。
そのことは、頭では分かっていたが、やはりここは日本 郷に入れば、何とやらで

日本独自の考え方にこだわっていた私は、まさに大きなミステークを犯してしまったのだった。

妻は、 あまりのショック つまり当然プレゼントはもらえるとおもっていたのだろう

愛されてない  そんな思いにふらりと家をて行ってしまったのだ。

ここでがつくべきだったのだが甘やかせてはといった変なこだわりがあった。
これが大きな失敗だった。 妻は大体同じ時期に日本に来たフイリピーナの家に泊まっていた。

何度も電話があったが私の中で変な常識 甘やかせてはと言う気持ちから電話にでなかった
それが結局大きな溝となったのだった。

幸せ生活応援隊

あなたの街の法律家 司法書士sami
[PR]
# by samimai | 2005-08-11 20:33
フィリピン人を妻にした男の物語 その21
月日の経過とともに妻は、だんだんと日本語を覚えて言った。

 雨が降っているというのを雨あるといったり 冷たいそばのことを寒いそばといったり、まったく

笑ってしまいそうなんだけど十分意味は通じている。

彼女がやってきて、初めてのクリスマス 私は大きな勘違いというか失敗をしてしまった。

彼女へのクリスマスプレゼントをケチってしまったというか、 あまり甘やかせたらという変な感覚があって、我慢させるのも必要かなと考えてしまった。

ところが彼女からすれば多くの日本人と結婚したフィリピン人が夫からプレゼントをもらっているのにという負い目を追ってしまったのだ。

しかしその当時の私は、変な外野の入れ知恵でだいぶいびつな考えを持っていた。

そのことが妻の家出という大きな溝を作ってしまうとはそのときは考えてもいなかったのである。

面白ブログ発見
★エッチ革命軍 絶倫指令
http://lovetry.blog14.fc2.com/
幸せ生活応援隊
[PR]
# by samimai | 2005-08-04 21:00
   

常夏の島フイリピンの女性と結婚した男の楽しくも悲しい物語
by samimai
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧